インドネシアコロナ影響「爆買い」をしないよう訴え円滑な輸出入をする為4つの政策発表

アグス・スパーマント貿易大臣、スシウィジョノ経済担当調整官、カサトガス食糧准将ダニエル・タヒ・モナン・シリトンガ、は、コロナウイルス、またはCovid-19に関連する主要な用品の価格安定化と、入手可能の為4つの政策を発表。

インドネシアには基本的な商品の在庫はまだあるので、人々が「爆買い」をしないよう。市民に訴えました。

スシウィジョノ経済担当調整部長官は、中国との貿易活動が新型コロナウイルスにより中断されたことをふまえ、今回の政策により他国からの輸出及び輸入の流れを活性すると説明。

現況では中国との貿易に制限がある為、輸出と輸入を加速するよう政策を発表していくと語った。

アランガ・ハルタルト経済担当調整大臣とアグス・スパーマント貿易大臣によって輸入関税を引き下げ

この政策はアランガ・ハルタルト経済担当調整大臣とアグス・スパーマント貿易大臣によって策定されたと説明。

調整が完了して合意された直後にリリースされる予定。

第一の政策

政府は、木材検証および合法システム(SVLK)、「健康証明書」、原産地証明書の範囲に及ぶ貿易、輸出に関連する貿易の制限に関する規則を簡素化。

これらの4つのポリシーをすすめている。

「本質的に、すべての輸出貿易規則は(大統領に)簡素化され、必要でない場合は廃止されることが求められます。今日の午後、貿易省や他の省庁はシミュレーションを議論します」とスシウィジョノ氏。

第二の政策

第二の政策は、輸入、特に原材料の輸入に対する貿易制限の禁止を削減。

原材料の輸入の制限を緩和し、輸入プロセスに制約を与えないようにする。

第三の政策

政府は、500人の信頼できる輸入業者の輸入プロセスを加速し、原材料と産業用補助材料の参入を促進。

第四の政策

政府は、物流コストを削減し、商品の流通プロセスを効率化する。

この場合、政府は、港湾での物流コストを削減するために、National Logistics Ecosystemを設立することにより、インドネシアナショナルシングルウィンドウ(INSW)とInaportnetの統合を奨励している。

インドネシア国内の観光客チケットの割引対応

一方、国内の観光客には、10の観光地で飛行機のチケットが30%割引され、3か月間(2020年3月、4月、5月)の座席割り当てが25%になる。

さらに、10の観光地に対して特別な予算再配分が実行され、ホテルおよびレストランの税率は0(ゼロ)パーセントに変更される。

参照元:アンタラ通信

Jaka Tomoは現地の駐在日本人の為の情報共有サイトです

JakaTomoはジャカルタでの駐在を経験した運営者によって立ち上げられたサイトです。

ジャカルタへ赴任前は、初めての海外生活に楽しみな反面、不安もたくさんあり、必死にジャカルタを検索していました。
ですが観光地ではないためか情報も少なく、数少ないブログから情報を集めるくらいしかありませんでした。

「もっと現地の情報が1つにまとまっていればいいのに」

「同じ国に住む人が、その場でリアルな情報を発信して共有できれば、もっと生活が楽しくなるのに」

そんな想いから、私達はJakaTomoを作りました。

自分にとって些細な出来事でも、
人にとってはとても助かる事がたくさんあります。

少しでも海外で生活してる方が楽しくなるように、このサイトを役立ててもらえれば嬉しいです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »